発芽落花生『ビーナッツ』
発芽落花生『ビーナッツ』

内容量:65g 価格:190円


【アラニンとは】 【アミノ酸とは】

世界初!!発芽させた濡れピーナッツ!!

 ピーナッツも玄米同様発芽する過程で、成長に必要な栄養分を富化させるため多くの酵素が働き、特にタンパク質が消化されやすい良質なアミノ酸に変わります。
 ピーナッツには、不飽和脂肪酸のオレイン酸・リノール酸が豊富に含まれていて、現代人に関心が高いコレステロール値を抑制する効果が報告されています。
 ピーナッツには、美肌効果老化防止に効果があるビタミンE、糖の代謝に不可欠なビタミンB、アルコールの代謝促進に効果的なナイアシンなど多くのビタミン類も豊富に含まれています。
 ピーナッツのあま皮(表面の赤い薄皮)には活性酸素を抑制してくれるポリフェノールが含まれています。

 そんなピーナッツの自然の栄養分と美味しさを丸ごとパック。今までにないしっとりサックリとした食感、加えて旨味成分が増す事でほのかな甘みと深い味わいを楽しんで頂けます。
 「何も加えない」「何も取らない」というドーマーの発芽への思いがしっかりと込められた「安心」「無添加」「自然」食品の誕生です!!
 おやつやおつまみに、又、食材としても幅広くご利用いただけます。





ビーナッツに含まれる成分



【アラニンとは】
アミノ酸をその代謝上古くから分類してグリコーゲンを作りやすい「糖原性アミノ酸」と、ケトン体を作りやすい「ケト原性アミノ酸」に大別している。
前者の代表はアラニンであり、後者はロイシンである。
<代謝>アラニンは糖から形成されるし、食品タンパクにも豊富にあるので、糖原として不足はない、生体が低インスリン、高グルカゴン、高副腎皮質ホルモンの状態(たとえば高タンパク、飢餓、糖尿病)になると体タンパクの分解が促進され、また高タンパク食では余剰のアミノ酸は分解され、アラニンはピルビン酸、オキサロ酢酸を経て糖形成に用いられる。
この経路にあるトランスアミナーゼや<糖新生>の律速酵素は増加する。
アラニンの他にアスパラギン酸やグルタミン酸も糖形成に利用されるが、このような状態での血糖の材料の半分はアラニンによるという。セリンも糖原性アミノ酸の代表と考えられていたが、最近は特に濃度の高い時にのみ利用されるように考えられている。
<アラニン・サイクル>このようにアミノ酸代謝が旺盛になると諸臓器で出来るアミノ基はアラニンとグルタミンに収容され、肝臓に運ばれ、炭素鎖は糖に、アミノ基やアミド基は尿素となる。
形成された糖は各糖臓器に血糖として供給され、エネルギー源となるとともに一部はアラニン、グルタミンとなって肝臓に戻ってくるので、これを<アラニン・サイクル>と呼んでいる。
なと糖新性は主に肝臓で行われているが、一部は腎臓でも行う。
※参考文献:「総合栄養学事典」


ページトップへ


【アミノ酸とは】
人の生命源として利用されている最も古い栄養成分です。
人の体の2割がアミノ酸、人の体の約60%は水です。そして残りの半分がアミノ酸(タンパク質を含む)です。
アミノ酸は人間の体の細胞、ホルモン、酵素などを形成する他、体にとって様々な重要な機能を担っています。

アミノ酸には必須アノミ酸と非必須アノミ酸とがあり人間に必要なアミノ酸は9種類あります。

ページトップへ


 発芽玄米商品
発芽美人発芽玄米はいみのりさわぴかり発芽玄米ニュー発芽美人
絶好腸発芽玄米ミルキークイーン発芽玄米りんどう長命米

 発芽玄米関連商品
|ビーナッツ |発芽玄米もち発芽玄米こんにゃく発芽玄米粥
発芽玄米酢発芽玄米味噌

0120594158